ホーム運営と取組経営状況予算・決算 > 平成27年度予算

平成27年度予算

平成27年度水道事業会計予算

収益的収入及び支出(税込み)

 水道用水供給事業は、23市町村(本島22市町村と伊江村)に1日平均41万㎥の給水を予定しています。
 収益的収入は、全体で294億5千7百万円となっており、主な収益構成として、料金収入が56.1%、長期前受金戻入が42.7%を占めています。その他は、他会計補助金、預金利息等となっています。
 収益的支出は、全体で294億5千3百万円となっており、主な費用構成として、減価償却費が52.2%、動力費10.0%、人件費6.7%、負担金6.5%、支払利息5.5%となっています。

収益的収入及び支出費用構成
収益的収支 水をきれいにしてお届けすることにより料金をいただくという、事業の管理・運営に伴う予算です。
動力費 浄水場などの施設を動かすための電気料金等です。
負担金 主にダムの維持管理のため国に支払う分担金です。
減価償却費 資産についての、耐用年数に応じた財産価値の減少費です。
支払利息 過去に借入れた企業債の利息の返済です。
長期前受金戻入 水道施設の建設のため受け入れた国庫補助金等を減価償却等に応じて収益化したものです。

資本的収入及び支出(税込み)

 今年度の主要な建設改良事業は、導送取水施設整備事業、北谷浄水場施設整備事業、名護浄水場施設整備事業を予定しています。
 資本的収入は、全体で119億5千8百万円となっており、国庫補助金が73.6%を、企業債が23.0%を占めています。
 資本的支出は、全体で171億3千7百万円となっており、浄水施設・導送水施設等の建設改良に要する費用が73.4%、企業債償還金が23.4%となっています。

※資本的収支の補てん財源として、内部留保資金等を充てています。

資本的収入及び支出費用構成
資本的収支 水道施設を新しく建設したり、改良したりする事業のための予算です。
国庫補助金 水道施設の建設・改良のために国から受け入れた補助金です。
企業債 水道施設の建設・改良のために借り入れた資金です。
企業債償還金 過去に借り入れた企業債元金の返済です。
内部留保資金 事業活動に伴い内部に蓄積される資金のことです。主に建設改良のために使用されます。

平成27年度工業用水道事業会計予算

収益的収入及び支出(税込み)

 工業用水道事業は、金武湾、中城湾港新港地区、糸満工業団地、名護西海岸地区等にある96事業所に1日当たり約2万㎥の給水を予定しています。
 収益的収入は、全体で6億8千7百万円となっており、主な収益構成として、長期前受金戻入が49.1%、料金収入が41.3%を占めており、その他は他会計補助金、預金利息等となっています。
 収益的支出は、全体で6億8千2百万円となっており、主な費用構成として、減価償却費が53.5%、負担金23.1%、動力費6.8%、人件費4.9%となっています。

収益的収入及び支出費用構成
収益的収支 水をきれいにしてお届けすることにより料金をいただくという、事業の管理・運営に伴う予算です。
動力費 浄水場などの施設を動かすための電気料金等です。
負担金 主にダムの維持管理のため国に支払う分担金です。
減価償却費 資産についての、耐用年数に応じた財産価値の減少費です。
支払利息 過去に借入れた企業債の利息の返済です。
長期前受金戻入 水道施設の建設のため受け入れた国庫補助金等を減価償却等に応じて収益化したものです。

資本的収入及び支出(税込み)

 今年度の主要な建設改良事業は、導水施設整備事業を予定しています。
 資本的収入は、全体で8千1百万円となっており、投資償還金が61.9%、他会計補助金が19.8%となっております。
 資本的支出は、全体で1億3千4百万円となっており、主な構成は企業債償還金が42.0%、投資が37.3%、導水施設等の建設改良に要する費用が20.6%となっています。

※資本的収支の補てん財源として、内部留保資金等を充てています。

資本的収入及び支出費用構成
資本的収支 水道施設を新しく建設したり、改良したりする事業のための予算です。
国庫補助金 水道施設の建設・改良のために国から受け入れた補助金です。
企業債 水道施設の建設・改良のために借り入れた資金です。
企業債償還金 過去に借り入れた企業債元金の返済です。
内部留保資金 事業活動に伴い内部に蓄積される資金のことです。主に建設改良のために使用されます。
お問い合わせ
総務企画課(企画財務班)
〒900-8570 沖縄県那覇市泉崎1-2-2
TEL: 098-866-2803
FAX: 098-866-2819
お問い合わせフォームへ
Adobe Readerをダウンロードする

PDFを閲覧・印刷するにはAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerのダウンロードはこちら(別ウィンドウ)から(無償)

ページのトップへ