水の豆知識

節水(せっすい)と開発(かいはつ)

女の子
節水って、水を大切にするってことなの?
水道マン
うん。水を大切にして、使う水の量を少しでもへらそうとすることだよ。
水が自由に使えるようになったのはいいことだけど、今の人間は、少々ぜいたくかもね。昔はいろんな知えを使い、水と上手につきあっていたけど、そのありがたさをわすれてしまったのかもしれない。
女の子
でも、自由に使えるから仕方ないんじゃない?
水道マン
そんなことないよ。
自由に水が手に入るからといって、水は無げんにあるわけではないんだ。
人間が使う水の量は、だんだんふえているんだよ。

 水は、年々、使われる量がぞう加していますが、水にはかぎりがあります。これからも、安心して水を使うためには、わたしたち一人ひとりが節水を心がけ、かぎりある自然としげんのために努力する必要があります。そして、人間だけでなく、すべての生き物もふくめた地球全体の問題として、水を取りまくかんきょうを考えなければなりません。
 そのためにも、身の回りで出来る節水から、取り組んで見て下さい。で、人々の生活をささえ続けた大切な場所だったのです。

節水の取組

節水のしかた

台所
  • 食器や野菜などをあらうときは、まとめてあらいましょう
  • 水は流したままにしないで、容器に水をためて使いましょう
  • じゃ口には節水コマを使用しましょう
せんたく
  • せんたく物はまとめてあらい、せんたくの回数をへらしましょう
  • ためすすぎと、だっ水してからのすすぎを心がけましょう
  • すすぎ水は、そうじ、水まきなどに利用しましょう
ふろシャワー
  • シャワーは短い時間ですませ、こまめに止めるようにしましょう
  • おふろの残り水は、せんたくやそうじ、水まきに利用しましょう
トイレ
  • 水せんタンクにビンなどを入れ、流れる水の量をへらしましょう
  • 大・小の切り替えレバーを使い分けましょう
洗面
  • 水を流したままのせん面や歯みがきをやめ、せん面器やコップを使いましょう
女の子
ふだんの生活の中で、こんなにも節水できることはあるんだね。
水道マン
そのとおり。それに、油を直せつすてないとか水切りネットを使うなどの、川をよごさないための工夫も必要だね。

まえのページにもどる

ページのトップへ